尊い心があるのです

  1. 2014/06/21(土) 07:46:36|
  2. Fight ❤
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17




みるき~

クルミの実が大きくなってきたね~


2014-06-19 064 (500x357) 


ほら、リンゴも色づいて来たよ~

話しながら歩くいつものお散歩


2014-06-19 082 (500x420) 



突然みるき~が立ち止まり、動かなくなりました



2014-06-19 097 (500x450) 



「お母さん家に帰って夕ご飯の支度するんだから・・・。」

とひっぱってもテコでも動きません


2014-06-19 103 (500x334)

 

じ~っと何かを見つめています

目をこらしてみると
 おじいちゃんと4才くらいの男の子


2014-06-19 110 (500x410) 


うちで保護して13年目


その長い年月彼は
慈愛に満ちた目で 、このくらいの幼い男の子を追い続けました


2014-06-19 104 (500x327) 


かれは多分

幼い男の子のいる家で飼われ
そしてその子にとても可愛がられていたんだと思います



2014-06-19 124 (484x500) 


去って行くこの子を追いかけようとするみるき~

君の探している男の子はね、
きっと今はうちのお姉ちゃんくらいになっているんだよ

あの子じゃないんだよ

とどめる私・・・いつもつらいです


2014-06-19 143 (500x279) 


彼を可愛がって13年も一緒に生きて来ても
私が踏み込むことのできない彼の尊い心が存在するのです


動物を捨てるって大罪です


2014-06-19 155 (500x356) 




外で遊ぶみるき~を見てすみれが言います


こころ1 

こころ2 



ダメです!
あなたをシャンプーする、心の準備ができていないですから

楽しいお休みをお過ごし下さいね


ポチッと応援うれしいです
にほんブログ村 猫ブログ チンチラ(猫)へ 

有り難うございます









スポンサーサイト

  1. 2014/06/21(土) 08:15:26 |
  2. URL |
  3. ばうりんがる
  4. [ 編集 ]
初めまして♪

ゆまママブログでこちらを知り毎日お邪魔するようになりました。
すみれちゃんに一目ぼれだったのです。
なんて可愛いのでしょう。
猫ちゃんも大好きなのですが、旦那さんの猫アレルギーで飼えません。
散歩中に出会う猫ちゃんにエサをあげるだけで咳き込んだりするんです(悲)

以前、みるきー君の記事でコメントしたかったですが
なんだか図々しいかな…って思って書けませんでした。
でも今日も読んでいて涙が溢れて、どうしても書きたくなりました。

昔飼っていたシャパードの雑種でバンというわんこは18歳で亡くなりましたが
私が小学校6年の時、物置で丸くなっているのを見つけ飼ってもらいました。
とても賢く1度見た人は忘れない子でした。
言葉の理解も素晴らしく、まさに私の相棒でした。
そんな子が50㏄の新聞配達のバイク音だけは亡くなるまで吠え続けました。
他のバイクは大丈夫でも、あの新聞配達のバイクだけダメでした。

母が、きっとあのバイクで捨てられたんだね!と言ったのを覚えています。

みるきー君もきっと覚えているんですね。
温かい少年のぬくもりを。

  1. 2014/06/21(土) 10:57:06 |
  2. URL |
  3. クラッチマン
  4. [ 編集 ]
こんにちは!

みるき~ちゃんの優しいお目目が遠くを見てるのが
なんとも言えないです。
動物を捨てる感覚は、私たちには到底理解出来ないものですね。
どれほどの心の傷をおうか、その人には分からないんでしょう。
でも、みるき~ちゃん、本当にステキなおウチの家族になって
良かったねって、思います(^^)

  1. 2014/06/21(土) 12:15:10 |
  2. URL |
  3. サンデーランチ
  4. [ 編集 ]
こんにちは
今日のブログを読んで、ミルキーちゃんを飼っていた男の子に何かあったんでは?と…
飼えなくなった理由が…ミルキーちゃんが一緒に行くことができない遠いところなのかな?
涙目になってしまいました。

  1. 2014/06/21(土) 13:12:13 |
  2. URL |
  3. さよちん
  4. [ 編集 ]
こんにちは~^^
みるき~君の見つめる先には、昔の記憶があるんですね。
はちみつさん家に引き取られて13年なんですね。それでもふと思い出すのでしょうね。
心が痛み、涙が出ます。

  1. 2014/06/21(土) 16:12:44 |
  2. URL |
  3. ポンママ
  4. [ 編集 ]
みるき~ちゃん・・・

みるき~ちゃんが男の子を見つめる目。
遠い昔を思い出しているのでしょうか。
言葉にはできない、せつなさがありますね。

  1. 2014/06/21(土) 17:34:27 |
  2. URL |
  3. pupusann
  4. [ 編集 ]
そうなんですね・・・・・
みるきーちゃん探してるのかな?
そんな事を考えると
切なくなりますね~
いつもは忘れていても
似た子を見ると思い出すのかな?

すみれちゃんは
お外禁止ですね~お風呂は大変~~~ですもんね~(笑)

  1. 2014/06/21(土) 19:26:04 |
  2. URL |
  3. もんちゅちゅ
  4. [ 編集 ]
切ないですね。
一途なみるきーちゃんの心が。
わんこには難しい事情なんて理解できないからこそ
絶対にこの子たちに悲しい思いをさせてはならないのに。
過去の記憶が薄れることはあっても、
みるきーちゃんはその子のことを想い続けるのでしょう。
尊い心……そうですね。
いつだって彼らは真っ直ぐです。

すみれちゃん、一緒にお散歩に行きたいの?
だけどこの時期はすぐ汚れちゃうからね、
また今度!!

  1. 2014/06/21(土) 21:17:10 |
  2. URL |
  3. ❤テンちゃん❤ママ
  4. [ 編集 ]
はちみつさん、こんばんは。

みるき~ちゃんの心の中にはずっと男の子との思い出があるんですね。
はちみつさんご一家はそんな様子を見ていてお辛い時もあるでしょうね…。
みるき~ちゃんがどれだけ今幸せでも、それとはまた別のお話として、
前の家族のことを思う気持ちがあるというのを考えたら、
すごく切なくなりました。
本当に、動物(家族)を捨てることは、考えられないことですね。
こんなにもみんなの心を傷つけるものだということがよくわかりました。

  1. 2014/06/21(土) 22:00:40 |
  2. URL |
  3. しじみ飼い主妻
  4. [ 編集 ]
切ないお話ですね・・・
犬は飼った事がないのですが、昔の飼い主の事をちゃんと覚えているものなんですね。
忠犬ハチ公とかお話では知っていましたが、みるき~ちゃんの話を聞いて本当にそうなんだなぁと思いました。
人も動物も心に開いた穴は癒せたとしても完全に塞がることはないのでしょうね。

  1. 2014/06/21(土) 22:40:03 |
  2. URL |
  3. そら太朗ママ
  4. [ 編集 ]
みるきー君の心の中では、4才位の男の子が生き続けているんですね。
13年もはちみつ様ご家族で暮らしていても・・・
忠犬みるきー君の一面を見た気持ちがしますが、それだけに、みるきー君もはちみつ様も切ないですね。
ただ、みるきー君のお目目がイキイキして、元気そうなのが嬉しいです。

そら太朗3才にお祝いのコメントをいただきまして、ありがとうございます。
とっても嬉しかったです。

  1. 2014/06/21(土) 22:42:07 |
  2. URL |
  3. yusa
  4. [ 編集 ]
はちみつさん こんばんは。
今日のお話を読んでみるき~くんの視線が悲しくて切なくて
涙がこぼれました。
動物は昔の事も忘れないですよね…。

我が家のにゃんこも2カ月の時に里子に迎えましたが
出会う前のことを想像すると胸がざわつきます。

どんな事情があっても
「捨てる」という選択肢はないと思います。

皆様有り難うございます

  1. 2014/06/22(日) 00:09:09 |
  2. URL |
  3. はちみつ
  4. [ 編集 ]
みなさま、コメント有り難うございます。
私は小心者で、13年間ミルキーの中に居続ける4才くらいの男の子の存在にジエラシイを感じ続けて来ました。こんなに長い年月頑張っているのに・・・って。人間の考える傲慢なんです。今年のゴールデンウィークにミルキーを諦めかけたときに、始て私のこの思いからも解放させて上げようと思いました。

ばうりんがるさんへ
コメント有り難うございます。同じ思いを胸に・・・そして18才まで・・・励まされます。みるき~も18才を目指して一緒に頑張ろうと思います。

クラッチマンさんへ
捨てるなんて選択、私達には理解できませんよね。身近にいる小さな家族に、日々幸福を感じていてもらいたいと思います。頑張りましょう


サンデーランチさんへ
都会への転勤で、みるき~と幼い男の子の生活に別れが来たんだと想像されます。神様にすがる思いで武田神社に捨てたんだと思います。お座りと待てができたんですよ~。

  1. 2014/06/22(日) 01:25:17 |
  2. URL |
  3. イヴまま
  4. [ 編集 ]
こんばんは はちみつさん
とっても せつなくなりました。
みるきーちゃんの心の奥には
今もその子がいるのですね。
命を預かる責任があまりにも軽んじられて
やりきれない時がありますね。
数日前 お隣のお庭に子猫ちゃんを置いていった方がいて
みーみーか細く鳴きながら歩いている姿に罪はないのにと涙が出ました。

  1. 2014/06/22(日) 03:33:52 |
  2. URL |
  3. 孝ちゃんのパパ
  4. [ 編集 ]
こんばんは。

みるきーの姿と目が切ないですね
どんな事情があったのかわかりませんが
きっとその子もみるきーがいなくなって
泣いていただろうな!って信じています。

  1. 2014/06/22(日) 04:40:26 |
  2. URL |
  3. yumechan-mama
  4. [ 編集 ]
はちみつさん、
おはようございます。

このたびは本当に心のこもった
温かなメッセージありがとうございます。
ちょっと大人げない自分に反省しながらも、
多くの方々に応援頂き励まして頂けた
事が本当にうれしく、来週からの元気を
たくさん頂きました。
心から感謝いたします。


すみれちゃん地方は春から夏にかけての
風景、食べ物、植物等々どこをみても
美しく素敵な風が吹いているようです。

猫のすみれちゃんが、酸味のある果物を
食べているのは本当に驚き!!
我が家の猫は、酸味の匂いがあるだけで
逃げて行ってしまいます。
猫は酸っぱいのが苦手だと思っていましたが。。。
ちょっといじわるっぽいすみれちゃんが、
また可愛くて仕方ないですねww

みるき~ちゃんの元気な姿をみて、
本当にうれしく思います。
遠くをみるみるき~ちゃんに、私たちには
知ることのない記憶があるということ、
時々我が家のファルにもそんな思いをすることがあります。
「昔、そうやってたの??」って思わず聞いてしまう、私たちの知らないファルを垣間見ることがあります。

年をかさね、嫌な思い出は忘れ、楽しい思い出だけ記憶に残って欲しいですね。。
みるき~ちゃん、小さな男の子と楽しい思い出を思い出していてほしいです。。。



いつもありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

  1. 2014/06/22(日) 15:48:45 |
  2. URL |
  3. はちみつ
  4. [ 編集 ]
さよちんさんへ
娘が7歳の時でしたので、年月の長さを思います。みるき~が可愛がり、その幼児もみるき~を可愛がったのでしょうね。この子の心にも忘れられない別れだったのではないでしょうか。

ポンママさんへ
犬って本当に頭の良い生き物だと思います。利口すぎて可愛そうに思うときもあります。きっと男の子も心にも暗い影を落としたことと思います。

pupusannさんへ
幼い男の子を散歩中見かけると、必ず慈愛に満ちた目をしていつまでも見送ります。近所の小さなお子さんをも大好きです。小太りのおじさんをは誰でも吠えつきます。さまざまな経験があるのでしょうね?

もんちゅちゅさんへ
そうですね~、難しい事なんて分からない、まっすぐな心を持った彼ら。捨ててしまい目の前からいなくなってしまえば終わりではないんですよね。こうして13年間も彼は思い続けていますから・・・。

テンちゃんママさんへ
正直申しまして、長い年月「あなたを捨てた人達なんだよ。忘れちゃいなさい!」と彼に残酷な事を言い続けてきました。年をとったと感ずる最近、そういうことも含めて、彼のことをすべて愛せるようになりました。長い年月がかかりました。

しじみ飼い主妻さんへ
捨てられてから13年間思い続けられている元の飼い主。きっと言うに言われぬ決断があったのでしょう。でも彼の心に隙間は埋められないままです。会わせてあげたいと思ったりします。

そら太朗ママさんへ
いつまでも捨てた飼い主を思い続けるみるき~に、ジェラシーを感じつつ一緒に暮らしてきました。最近やとそれをも受け入れられる様になりました。双方に厳しい現実があり、他の子達へより気を使います。

yusaさんへ
どんなに促して引っ張っても、頑として動かない彼の強い意志を尊重できるまで、長い年月がかかりました。「あなたを捨てた人達なんか、忘れちゃいなさい!」と可愛そうなことを言い続けてきました。最近やっとそれをも受け入れられるようになりました。

  1. 2014/06/22(日) 16:06:18 |
  2. URL |
  3. はちみつ
  4. [ 編集 ]
イヴままさんへ
お隣のお庭に生まれたての子猫を置いていくなんて・・・ひどい人がいるものですね~。どうして捨てるなんて事が出来るのでしょう。みるき~の心のその子へのジェラシーを感じつつ過ごしてきた年月でした。

孝ちゃんのパパさんへ
そうですよね。みるき~の心と同じように、その幼かった男の子の心をも傷つけてしまった罪深い事だと思います。今もみるき~との思い出を覚えていてくれれば良いのですが・・・。お久しぶりです。有り難うございます。

yumechan-mamaさんへ
yumechan-mamaさんも保護犬を飼っていらっしゃるのでしたね。ファルちゃんこんなに可愛いのに・・・可愛そうに・・・。こちらは田舎であり観光地でもあります。夏に別荘に連れて来てそのまま捨てて行く人達がいるそうで、ご近所さんが飼われたりしているようです。すみれは犬達が食べるのを真似して食べるようになったようです。
私の方こそよろしくお願いいたします。

 管理者にだけ表示を許可する
 



.